トップ

不動産投資をするための注意

不動産投資物件は

明確

不動産投資における利回り

不動産投資をする際には、どの程度の利回りが期待できるのか考えることが重要です。物件を購入していくら収益が上がるかは、この期待値に大きく左右されます。投資における利回りとは、物件価格に対して1年でどれほどの利益、つまり家賃収入から費用を差し引いた利益が得られるかを見極めるものです。しかし、この収益率を考える際には、表面なのか実質なのか見極めなければなりません。築年数の古い不動産物件であれば、修繕費や改築などのコストが高くなるため取得費用は低いものの、後々の費用が多くかかります。そのため、表面上は収益性のある物件でも実質上はそれよりも低い収益力しかない物件になります。

投資の利回りについて

不動産 投資物件を選ぶときは、投資金額に対する年間の家賃収入を利回りに換算した、投資利回りに着目します。日経平均株価の回復、有効求人倍率の上昇など、景気回復はデータにも実感することができるようになりましたが、長引く低金利と、公的年金への信頼不足で、老後の生活に不安を持つ人は少なくありません。 日本は世界トップクラスの長寿社会ですが、70歳、80歳を過ぎても一生働き続けることは難しいため、年金で不足する生活費を、貯蓄を取り崩していくことを考えると、いくらあっても安心はできません。 そこで、働かなくても安定収入が見込める不動産投資は、持っている限り、収入が途絶えることがありません。

↑PAGE TOP