オフィスのデザインで印象を変える方法

オフィス デザイン
毎日のように会社に出社し、8時間以上も1日1日努めます。その中で業種によっては、オフィスで1日の勤務を終えることもあるでしょう。昔ながらのオフィスも良いでしょう。しかし、現在ベンチャー企業や一部の企業によってはオフィスにこだわりやお洒落な要素も取り入れてデザインされているところもあります。そうすることで、従業員の士気の向上や会社への愛着などもアップするでしょう。オフィスが綺麗に見えるような空間作りには、エントランスから通用口にかけてどのような演出を行うかによって、従業員にも来客されたお客様・取引先の方の印象も変わります。1番大事なのが、ディスクの上の整理・整頓になります。いくら家具や色合いにこだわったところで、最終的に打ち合わせを行う席が散らかっていると全て台無しです。まずは、身の回りの意識付けと躾が重要です。

オフィスが綺麗に見え尚且つデザインにこだわりを持つ空間

綺麗なオフィスとデザインにこだわりを持ったオフィスにするためには、様々ありますが、統一感と企業イメージにあったレイアウトの2点にフォーカスを当てます。1つ目の統一感です。会社のエントランスから出社し、オフィスに入ってきます。その際に、エントランスをデザイン変更せず、オフィス内のみデザインを変更しているといった時に違和感が発生します。統一感を演出する為にもエントランスもシンプルに、色合いも統一することで綺麗に見えるでしょう。2つ目に企業イメージに合ったレイアウトの配置です。移動が多いのに動線上に仕切りがあったり、ディスクにいろんなものを置いていることで、常に移動させたりするとレイアウトの変更などで見え方も変わります。使用する側の意見を取り入れることで初めのデザインをキープ出来、いつまでも綺麗な状態に保たれるでしょう。

オフィスにお洒落なデザインと印象を変える方法

お洒落なオフィスで誰もが1回は働いてみたいのではないでしょうか。そこには、働きやすそうな場合、デザインが一貫されているなどの視覚からの情報で決まるのではないかと思います。従業員はコミュニケーションが取りやすいように、わざと仕切りを設けないようなテーブルを用意し、尚パソコンも共有しフリーアドレスで管理を行う。出勤する日で席も変わり、話したことが無い状況を作り誰とでもアイディアを出し合い、いい仕事ができる。綺麗なデザインのオフィス=仕事がしやすい環境、働いてみたいというリクルーターへアピールにもなり、いい印象を与えることで会社自体の強みにもなります。オフィスは会社の顔です。来客の印象や従業員の満足感にも繋がり、売上にもプラスにもマイナスにもなるでしょう。少しでも綺麗に見えるようなオフィスにデザインしてみてください。