トップ / 不動産の山林を所有する事で

不動産の山林を所有する事で

不動産の山林所有の事

明確

山林の不動産としての特徴

不動産としての山林売買は一般的に、実測面積では無く公募面積を基準として行います。その理由としては地形的に高低が激しく且つ広大であるケースが多い事、樹木の存在や交通の問題から実測自体が困難であるケースも多い事を挙げる事が出来ます。またこれらと併せて、不動産としての山林売買はマンション等と比較すると参入者が少ない傾向にある事、生育する樹木の価値を別途換算する傾向にある事から、相場が定まり難いという側面も有しています。裏を返せば、思わぬ値段で広大な土地を入手可能性を秘めている物件でもあると捉えられます。

山林を所有していくのは

不動産として代々に渡って山林を所有している人は多くいます。しかし、林業が盛んであった頃に比べて、山に手を入れて管理をされている所は少ないのです。そうして放置していると、自然災害などにより、ある程度育った木々が折れたり倒れたりしてしまう場合も多いのです。そうなった場合には他の人達が所有して、それが手入れがされている所に接している場合には害虫などの発生などが、健康な木々に良い影響を与えないというので迷惑に思われたりします。不動産としての山林を何もしないで所有している人にはそれが活用されることが望ましいのです。

↑PAGE TOP