トップ / 不動産を賃貸する際の費用

不動産を賃貸する際の費用

不動産を借りる際の事

明確

不動産用語の礼金とは

賃貸不動産に入居をする際、その費用として支払うものとしては前家賃や敷金、礼金などがあります。このうち、前家賃や敷金については賃貸物件として貸し出す際の家賃の担保という形となっています。また、敷金は入居者の退去が決まったときに物件の原状回復の費用にも充てられます。それに対して礼金の場合、その本来の目的は入居者が大家さんに対して部屋を貸してくれてありがとうと言う気持ちをお金を包むことで表現したのが始まりで、現在ではただの慣習と化しています。そのため、現在では支払われたお金は、大家さんから賃貸の物件を仲介する不動産屋さんへ宣伝広告費というかたちで流れていることになります。

礼金は、交渉の余地あり

主に関東地方で不動産を借りる時に、礼金を支払わなくては場合が多いですが、実は礼金とはあくまでお礼なので、明確な法的根拠があるわけではありません。もちろん、借りる条件に明記されていれば、払わないで借りることはできませんが、交渉の余地があると考えて、一度は交渉してみることをおすすめします。特に、物件が余っていそうな地域では、貸し手の方に早く入居者を決めたい思いもあるので、不動産業者を通して、相談してみる価値はあるといわれています。交渉がうまくいくとはかぎりませんが、一度払ってしまうと返ってこないものですので、ただいわれるままに払うのではなく、とりあえず値引き希望のアピールはしてみた方がとよいいえます。

↑PAGE TOP