トップ / 不動産価値が高くなるリフォーム

不動産価値が高くなるリフォーム

不動産価値を高くする

明確

不動産のリノベーション

不動産というものは時間の経過と共に徐々に劣化をし、いたるところに傷みが生じるようになってきます。このような傷みに関しては、建物自体を新しく建て替えるのではなく、リフォームやリノベーションによって対処をすることができます。リフォームとリノベーションは一見すると同じように見えるかもしれませんが、前者の場合には単に建物の状態を修繕して元に戻すことに重点が置かれています。それに対して後者の場合には、傷みの目立つようになった建物を修繕すると共に不動産に新たにこれまでにはなかった価値を加えることになります。

賃貸物件はリノベーションが多い

不動産屋などで予算に見合ったマンションや建売物件などを探すと、リノベーションした物件が多いことに気づきます。今までの建物をそのまま利用したリフォーム物件ではなく、より使いやすくより住みやすさを追求したリノベーション物件の方が不動産価値として高くなるからです。その分借りて側の負担も増えるということもありますが、快適に長く住むことを考えればその方が価値ある選択なのかもしれません。かっての古い建物をリフォームしてそのまま貸すというよりも、内装からキッチンや水回りの等の配管等に至るまですべて新しい物に変え、冷暖房もより経済的に住めるような換気設備に変えることで少々工事費が負担増になったとしても、これからのことを考えれば価値も大きく変わり、その分楽しみも増えるというものです。

↑PAGE TOP